死の舞踏[サクソフォーン4重奏]

  • ¥5,060
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


《死の舞踏(仏: Danse macabre, Op.40)》は、カミーユ・サン=サーンスによって作曲された作品である。サン=サーンスは、生涯に4つの交響詩を作曲しており、その中で最も有名な作品であると言える。この作品は元々、1872年にピアノ伴奏の歌曲として作曲され、1874年に管弦楽曲が作られた。
フランスの詩人アンリ・カザリスの奇怪な詩に基づく、夜の墓場で踊る骸骨の不気味な光景を描いた作品である。曲の構成は、ト短調、4分の3拍子、ムヴマン・モデレ・ドゥ・ヴァルス(穏やかなワルツのテンポで)。物語の順番に沿っている。独奏ヴァイオリンがAとEの不協和音で死神らしい雰囲気を表している。骸骨が踊るワルツとして、グレゴリアン・チャントの《ディエス・イレ(怒りの日)》の旋律がほのめかされている。
曲中で骸骨の骨のぶつかる音を表現するシロフォンの旋律は、後年の作品《動物の謝肉祭》第12曲〈化石〉でも使われている。
今回、大人数で演奏する管弦楽曲を4人のサクソフォーン奏者で演奏する。サクソフォーン4重奏版編曲に際し、4種の異なる楽器による編成であるサクソフォーン4重奏という特徴を活かした編曲を目指した。


曲名(邦題) 死の舞踏
曲名(英題) Danse macabre, Op.40
編成 サクソフォーン4重奏
作品コード YMDE-0085
編曲者 山田 悠人
浄書者 山田 悠人
演奏時間 8:00
編曲年 2021年
演奏音源 YouTube(演奏:ルミエサクソフォンカルテット)
電子(PDF)楽譜 Piascore楽譜ストア

編成表
楽器名 部数
Soprano Saxophone in B-flat 1
Alto Saxophone in E-flat 1
Tenor Saxophone in B-flat 1
Baritone Saxophone in E-flat 1

印刷楽譜は著作権者の許諾を得ずに複製(プルト増し)する事は出来ません。必ず必要部数をお買い求め下さい。
音楽著作物の複製(楽譜のコピー)について
電子著作物(電子楽譜)の正しい使い方について
楽譜購入方法と正しい楽譜利用について
リモートアンサンブル等に於ける楽譜の共有方法について

オススメ商品